メニュー
No Image

お金の話

いい家を建てるために掛けるべき予算とは?

家づくりと予算は切ってもきれない関係です。いい家をできるだけ安くは誰もが願うことですが、削っていい予算とそうでない予算があります。

坪単価のマジック

家の予算を考えるとき、ついつい坪単価を基準にしたくなります。しかしながら、この坪単価、分母となる坪数をどこまで入れるか、分子となる建物価格にどこまで含まれるかは決まりがありません。ローコストメーカーの多くは坪数はデッキや小屋裏まで入れてなるべく広く、建物価格は最低限の仕様と内容でなるべく低くすることで、坪○○万円〜という表記をしています。この数字につられて話を進めてしまうと、実際に住めるような状態にしたときには、思いのほか金額があがってしまうということもしばしば。そのため、LVINGDESIGnexでは坪単価という表記はせず、庭やご提案の家具まで含めたすぐに住める状態でのご予算を提示させていただいております。

おおよその目安は?

とはいえ、おおよその目安がないと時価のお鮨屋さんの暖簾をくぐるのと同じでちょっと不安になると思います。Living Design nexのおおよその建築価格ですが、延べ床35坪の家で、庭と北欧のベーシックな家具を入れて3,300万円(税別)〜がスタートラインとお考えいただければと思います。これには、フルオーダー可能なプランニングはもちろん、トリプルガラスのサッシや構造計算、気密試験といったnexの「お約束」はすべて含まれています。そう考えるとハウスメーカーの仕様や予算をご存じの方であればかなりバリューが高い金額だということはおわかりいただけるのではないでしょうか?
広告予算を掛けて高額なタレントをイメージキャラクターに起用するなら、住むみなさまひとりひとりが主役になって欲しい…。そんな想いからこの価格でご提案させていただいております。

土地探し、資金計画、ぜひご相談ください。

かしこい家づくりには予算総額だけでなく予算配分も大切になります。たとえば土地に余計なお金を掛けてしまうと、肝心の家に予算がまわらなくなります。一般的に南入りで日当たりのいい敷地が人気ですが、北入り、傾斜地、旗竿敷地など、不利な条件の敷地でもLIVINGDESIGNnexの設計力なら魅力的な住まいを建てることが可能です。家を建てようと思い立ったら、まず、わたしたちにご相談ください。

無料相談会に申し込む